肌が痒くなる原因は?どのような対策があるのか?

肌が痒い肘

寒い季節がやってきましたね。乾燥肌になって、肌が痒くて困っている方は多いでしょう。

こちらの記事では、いつも肌が痒くて困っている方に解決策を書いていきます。

肌が痒くなる原因は?

体のあちこちが、痒いからと言って安易にポリポリと痒い部分をかいていませんか?

肌をかきすぎると、表皮が荒れてしまって余計に敏感になり、少しの刺激でも痒くなってしまいます。

アトピーのような肌荒れ状態になると、表皮が薄くなり、痒みを感じる神経を刺激して、より一層痒みを感じてしまいます。

肌をかき過ぎると、痒みの原因のヒスタミンが出て、余計に痒くなるという事になります。

対応策としては、痒くなったら保湿剤を塗る、または抗ヒスタミン薬のかゆみ止めの薬を塗りましょう。

しかし、アトピー性皮膚炎や中枢性のかゆみには、抗ヒスタミン薬のかゆみ止めが効きません。

痒みの種類を知り、正しい対処をしていきましょう。

乾燥と皮脂の少なさが肌を痒くする

肌が痒くなる原因の1つが、「乾燥」によるものです。

若い時は、肌に保湿性があるのでいいのですが、年齢を重ねると保湿性が少なくなります。

皮脂が少ない箇所は、乾燥による痒みが発生しやすいと言われています。

体の皮脂を少なくする行為をしていると、乾燥肌になります。お風呂に入り、力をいれて体をゴシゴシ洗ってもいけません。

体から皮脂をなくすだけではなく、肌の状態も悪くなってしまいます。

お風呂に入っている時に注意しなければいけない事は、あまり熱い温度のお風呂に入らない事です。

熱いお風呂に入ると、皮脂が肌から落ちて、少なくなってしまいます。

そして、体を洗う時には、低刺激で保湿性のあるボディソープを使って、優しく洗う事が大事です。

バスタオルで体を拭くときも、タオルを体に押し付けるようにして水分を拭きとりましょう。

そして、お風呂上りには、保湿クリームを塗ると効果があります。

肌が痒くなるのは、乾燥と皮脂の減少が原因なので、保湿効果のあるボディソープを使いましょう!

保湿効果もあって、抗炎症作用のあるボディソープでは、クリアネオボディソープがおすすめです。

肌の代謝で痒みを抑える

肌の代謝を促す事で痒みを抑える事が出来ます。

肌の代謝を促す食べ物として代表的なものは、ビタミンです!

ビタミンは肌の潤いも保つ効果が期待されています。

ビタミンAは、レバー肉や、緑黄色野菜で摂取出来ます。

特に効果の高いビタミンCは、キウイやイチゴ、ピーマンなどに含まれています。

ビタミンCは、抗酸化作用もあり、シワなどを防ぐ効果もあります。

痒みを抑えるには、ストレスを抑える

人間の体は、ストレスを感じると、ステロイドホルモンを分泌します。

ステロイドホルモンの分泌量が増えると、皮膚代謝の乱れがおきてしまい、結果的には、痒みが増加してしまいます。

十分な睡眠をとるとか、体に刺激がある食べ物を食さないように心がけましょう。タバコを吸ったりお酒を飲む事も控えた方がより効果的です。

まとめ

肌が痒くて困っている方は、痒いからと言って掻きむしるという行為は止めて、保湿剤などの薬を塗って、乾燥を防ぎましょう。

そして、ビタミンCなどの栄養素を積極的に摂取して、さらにストレスを溜めないような生活スタイルを行っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました